Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載小説『爛熟』4

 地方に知れた、日本地図にその名を刻む、僕は在る湖畔の村で生まれた。隣町、北側には活火山が在り、その恩恵を受けて温泉場が多数、点在しているが幼い頃にすでに飽いているはずのそれら湯に、いまや日一日浸っていたりしていると、物憂いことも、まぁままよと想えてくるから、時間の隔たりとは不思議なものだ。大いなる水の精と木樹の精に囲まれて、僕は日々の煩瑣なときから遊離しようと計る、わけだけれども、父が二十数年前に建ててくれた我が家にいまや棲みついてみると、我ながら自身の境遇を、痛恨よ、と苦笑せざるを得ない。この家とこの土地が、まだしも僕には存していたわけで、そのことに深謝の気持ち、以外の想いはいまや無い。
 また、この地方にも夏が、来た。梅雨時にしては随分雨が垂れぬから、いつもの夏に比べても水辺を徘徊する小鳥達の群れが多い。特定の場所を好まぬ迷い鳥達も、ああ喉が渇いてはと、かつての棲家へと帰ってきたわけだ。高台の更に三階建ての家屋の最上階に位置する窓辺から、そんな光景をぼんやりと眺めていた僕にも、そんなひとりごちする想いが、連綿と襲ってきた。ああ、厭だな、こんな想いに囚われるなんて。いつものことさと哂う僕もここには居るのだろう、けれど、打ち消そうとやや躍起になる、自身がまた厭になる。幾年、こんな惑いに囚われているのか・・・・・・・・・、もっと陽気で純真な時分が好きだった、のに、水辺で飢えた渇きを潤す小鳥達が、さもいまの自身であるかのようで。そういう、想いこそ厭、である。真っ先に打ち消したい。いや、あがなっても駄目、なのだ、ゆえにやんわり自身を見つめ直そうとして、また暗い、酷い、下らない、煩瑣な日常がこの僕に降りかかってきたとき、やはり振り出しの、とでもいうべきかつての醜い自身が、負ぶさるように甦ってくる。厭である。厭でなければ、是が非でも拒否である。遮断だ、排絶だ、絶対否定、だ。やはり僕は感情的になる。それこそ想う壷だ。自我に降りかかる、煩瑣で狂わしいほどの日常を僕に、きょうもきょうとて来る日も来る日も投げかけてくる、非安寧の神よ、今日くらい、静かに僕を、そう、そっとしておいておくれ、よ。そんなこととはお構い無しに、いまの僕の胸の内には、打ち消しようの無い非安寧の神、が邪まにそう、悠然と横たわっていた。
スポンサーサイト

Appendix

Literature sight-seeing『風、早暁記。』

全タイトルを表示

introduction

風友仁(かぜともひと)

Author:風友仁(かぜともひと)
 
 沖に出たらば暗いでせう、
 櫂から滴垂る水の音は
 昵懇しいものに聞こえませう、
 ――あなたの言葉の杜切れ間を。

 月は聴き耳立てるでせう、
 すこしは降りても来るでせう、
 われら接唇する時に
 月は頭上にあるでせう。

 あなたはなほも、語るでせう、
 よしないことや拗言や、
 洩らさず私は聴くでせう、
 ――けれど漕ぐ手はやめないで。
   中原中也『湖上』拠り 
*『爛熟』この書を我が畏敬のひとり、中原中也の御霊に捧ぐ。


*an information desk *
皆々様の厚きご支持、心より傷み入ります。有難うございます。

*新たなる風の舞、ここに興つ。*
*謹告*当オンライン小説サイトでは、大変申し訳ございませぬが一切のコメント・トラックバック等は諸事情に拠り、お断りさせてもらっております。どうぞご了承くださいませ。*尚、この小説に関する全ての帰属権並びに著作権は筆者、風友仁にございます。個人で愉しむ以外のコピー、それらを商用の配布等に用いたりする行為は法律で禁じられておりますので是非、お止めくださいませ。現在公開中のものにつきましては、何の予告もなく、加筆、訂正、語彙、言い回しの変更、削除等行われる場合がございますが、それらについての更新情報等は行っておりませんのであらかじめご了承下さいませ。
*今後とも『爛熟』並びに風友仁の綾織る世界観にどうぞご支持、ご声援のほどを、宜しくお願い致します。
 
  2006・1・15 心を込めて。
         風友仁

*連載小説『爛熟』に就きまして*
 この物語は、空想の物語であり、一部事実を基に脚色なされておりますが、登場する人物及び団体の名称等、ある特定の人物及び団体等を示唆、揶揄、誹謗、中傷する類いのものではありません。飽くまでも架空の物語としてお読みくださいませ。またもしや名称、団体名等が同じでも飽くまでも架空の物語でありますのでその点、どうぞお知りおき下さいませ。皆様のご理解の程、何卒宜しくお願い致します。著者・風友仁


*1・29 site renewal

translate this blog into

Communication in this place

名前:
メール:
件名:
本文:

A collection of wise remarks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Literature sight-seeing『風、早暁記。』

全タイトルを表示

QRコード・ようこそ携帯にて風の棲家へ

QRコード

a weather forecast


-天気予報コム- -FC2-

What kind of day is today?

Lc.ワードハイライト

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。